リサイクルパーツ

リサイクルパーツとは、使用済み車両を解体(分解)し、再利用可能な部品を取り外して流通している
いわゆる「中古部品」の総称です。

当社では「修理費用の低減」「地球環境の保護」に有効な、リサイクルパーツの積極的な活用を推進しております。
特に、価格の面では一般的な中古部品の場合、純正新品部品の50%〜70%程度の価格でお客様にお届けできますし、 外装パネル部品などは、上手く色が合えば塗装せずに使用できる場合もあります。
流通が少ない高年式車種や輸出人気車種の部品でも、タイミングによっては見つかりますのでご相談下さい。

リサイクルパーツには、大きく分けて
解体車両から取り外した部品を洗浄・品質チェックして流通させる「リユースパーツ」と
取り外した部品を分解し、摩耗・劣化した部分を取り替えて再商品化した「リビルドパーツ」があります。
リユース部品は主に、機能の劣化が少ない外装パネルやランプ類など
リビルド部品は主に、エンジンや補機類などの機能部品などに使用します。

(リビルド部品にはアイテムにより異なりますが、6ヶ月〜2年程度のリビルドメーカー保証が付きます)

社外パーツ

社外パーツとは、自動車メーカーがメーカー名で販売する「純正部品」以外の部品を指します。
ラジエータ・クーラーコンデンサ・フロントウインドガラスなどには
純正同等の新品社外パーツも、純正より安い価格でご提供しております。